風俗嬢でも安全なお金の借り方

風俗嬢でも安全なお金の借り方ができる?私でも審査が通るか心配!
他社借り入れの総額が年収の3分の1に達している
風俗嬢は在籍確認が取れにくい
過去に金融事故(返済の延滞や債務整理)があった
風俗嬢でも安全なお金の借り方ができる?私でも審査が通るか心配!
風俗店舗で働いている女の子がキャッシングを利用したい時には、「風俗嬢でも審査が通るの?」と心配してしまうかも知れませんね。会社員でなくても安全なお金の借り方ができるか不安ということもあるでしょう。キャッシング 甘い

 

実際には、20歳以上で毎月安定した収入のある方であれば、職業を問わずカードローンやキャッシングの審査に通ることは可能です。たとえ職業がデリヘル・ホテヘル・ソープなどの風俗嬢であっても、安心安全なお金の借り方はできますよ。

 

基本的にキャッシングの審査に通ることは、夜の仕事をしている方でも問題はありません。ただし、以下のことにも注意する必要があり、状況によっては利用条件を満たしていても審査に落ちてしまう原因となるのです。
利用条件を満たしていてもキャッシング審査に落ちる原因
他社借り入れの総額が年収の3分の1に達している
風俗嬢は在籍確認が取れにくい
過去に金融事故(返済の延滞や債務整理)があった

 

他社借り入れの総額が年収の3分の1に達している
日本には消費者金融やクレジットカード会社(キャッシング利用のみ)など、貸金業を営む会社でのお金の借り方に関係する総量規制という法律があります。貸金業者として登録している会社からお金を借りるには、他社借り入れの金額を含めた借入総額を年収の3分の1以内におさめる必要があるのです。(参考:みんなのカードローンレポート「総量規制対象外なら年収の3分の1を超えて借入できるの?」 )

 

新規申込み時に、既に総量規制の上限まで借入金額が達してしまっている場合には、消費者金融の審査に通ることができません。銀行や信用金庫・労働金庫・農協などの金融機関であれば、総量規制とは別の法律が適用されています。

 

銀行や信用金庫なども利用条件を満たしていれば、総量規制対象外として借入可能ですが、消費者金融よりも審査基準が厳しという特徴もあるのです。安定した収入があるとしても風俗嬢の方は正社員ではない場合が多いため、審査が通らないこともあるでしょう。

 

風俗店で働く方にはアコムのような大手の消費者金融がおすすめと言えます。

 

風俗嬢は場合により収入証明書の提出を求められる可能性も
風俗店舗で勤務している方の場合だと、安定収入の有無についての判断が金融機関により違うこともあるでしょう。総量規制により通常は50万円までの借入れなら不要となる給与明細書などの収入証明書ですが、風俗嬢の給料は歩合制であることから場合によっては収入を証明する書類の提出が必要になる可能性もあります。

 

風俗嬢の職業が本職ではなく、昼間はOLで働いているという方であれば、収入証明書は昼間の仕事の方で提出する方が審査に通りやすいと言えます。

 

風俗嬢は在籍確認が取れにくい
キャッシングの新規申し込みで絶対に行われるのが審査です。申し込みで申告した内容に嘘や間違いがないか、返済の長期延滞や滞納がないかなどを確認するのが審査の主な目的となります。特に問題がないことが確認されると、審査の最終段階として勤務先への在籍確認が行われるという流れになるのです。

 

在籍確認が実施される場合には、ほとんど審査に通っている状況であり、無事にクリアできれば審査通過ということになるのです。ただし、普通に会社やバイト先で勤務している方と比較すると、風俗嬢の場合には在籍確認が取れにくいという問題もあるようです。

 

キャッシング申し込みの際に申告する勤務先情報を元に、消費者金融では個人名で風俗店舗の方に電話をかけてきます。基本的には、電話に出た人が在籍確認の電話であると気付く心配は少ないと言えるでしょう。

 

在籍確認では、本人の在籍を確認するために「○○さんはいらっしゃいますか?」などの質問をされる場合が多いのですが、その際に電話を取ったお店のスタッフがあなたの本名を知らない可能性も考えられます。

 

あなたが電話に出られない場合でも、「今は接客中です」などと言ってもらうことができれば、在籍確認は無事に終了します。本当の名前を知らない場合には、「本名を知らないので答えられません」などどいう応対をされる場合もあるでしょう。

 

せっかく在籍確認を行う段階にまで審査が進んでいても、在籍確認に失敗すれば審査に落ちてしまうことにもなります。

 

風俗嬢が在籍確認を受けるなら事前の対策も必要
消費者金融からの借入れは在籍確認まで来れば、あとは無事に乗り切るだけとなるため、在籍確認が取れにくい風俗嬢の方は事前の対策も必要となるでしょう。

 

大手消費者金融では、事前に相談しておくことで本名に加えて源氏名での在籍確認も可能という口コミもあります(参考:職場に在籍確認なしの消費者金融はある?「風俗嬢の在籍確認は本名?源氏名ではムリ?」)。

 

風俗嬢として働いている方はそれなりの事情を持っていて、風俗店側でも理解していることが多いため、キャッシングの在籍確認の電話がくることを事前にスタッフに伝えておくという方法もあります。自分の本名も伝えておけば、スムーズに在籍確認を進めていくことができるでしょう。
風俗嬢が在籍確認を受ける場合におすすめとなる事前の対策
源氏名で在籍確認が取れるか確認しておく
お店のスタッフに在籍確認の電話が来ることを事前に話しておく