キャッシング 無職

お金の借り方〜無職編〜
無職だと基本的に金融機関からのお金の借り方は利用できないことが多いですが、実はキャッシング可能な場合もあります。金融機関だけでなく公的融資制度の利用も視野に入れてみると選択肢を広げることもできるでしょう。
お金の借り方〜ニート編〜
ニートだと総量規制という法律の関係上、消費者金融からのお金の借り方は利用ができません。安定収入についての審査基準が厳しい銀行の審査はそれ以上に難しくなっています。金融機関からキャッシングできない場合には、親や友達、彼氏などにお金を借りるしかありませんが、一歩前へ踏み出してフリーターになることがおすすめです。
お金の借り方〜アルバイト編〜
雇用形態がアルバイトでも、カードローンやキャッシングでのお金の借り方も選択が可能です。銀行の審査基準は厳しいため、アルバイトの方には消費者金融の方がおすすめとなります。安定収入や勤務年数、勤務先の情報などが審査で重要な資料となりますが、他社借り入れや一度に複数の申し込みをするなどがあれば、審査に通らないマイナスの情報となってしまうのです。
お金の借り方〜フリーター編〜
フリーターでも20歳以上で安定収入があれば、正社員でなくても銀行や消費者金融のカードローンでのお金の借り方も選択可能です。職場への在籍確認が心配な場合には、一定期間働いているフリーターなら社会保険証を持つこともできるため、職場への電話連絡の代わりに書類の提出に替えることも可能です。
お金の借り方〜ブラック編〜
ブラックリスト入りする原因はいくつもありますが、中には気付かない内にブラックとなっている場合もあります。どんなことがあるとブラックになるのでしょうか。ブラックでも利用できるお金の借り方はあるのでしょうか。
お金の借り方〜派遣編〜
派遣社員であってもカードローンやキャッシングからお金借りる方法も利用可能です。公務員や正規雇用の社員でなくても、20歳以上で安定した収入や返済能力があれば、審査に通過する可能性は充分にあります。
お金の借り方〜公務員編〜
公務員は安定収入のある職種として、金融機関から融資を受ける時の審査でも有利になっています。公務員が利用できるローンは多く、中には低金利での借り方も可能な商品もあります。金融機関からの融資だけでなく共済組合の貸付も利用できるため、公務員のお金の借り方は非常に多い状況と言えるでしょう。
お金の借り方〜自営業編〜
自営業の方のお金の借り方は、金融機関からの借入れや公的融資を合せると意外にも多いです。即日融資が希望であれば、消費者金融からの融資を利用するのがおすすめですが、低金利でお金を借りるのであれば、時間はかかりますが公的融資の利用を検討してみると良いでしょう。

 

キャッシング 甘い